性とSEXアンケート29(AV俳優一徹さん著書のレビュー)

SEX &LOVE〜性とSEXアンケート〜

皆さんこんにちは!性とSEXアンケート第29弾。今回は特別企画です☆
この性とSEXアンケート記事もここまで続けてきて沢山の方に知ってもらえるようになり、特に若い方に支持して頂いてるのですが、まさにこのアンケート記事のテーマにピッタリ過ぎる本に出会ってしまいました。
その本を一言で言うなら『本当の意味でのSEXの教科書』。それを私がレビューせんでどうする?!という、よく分からない使命感が読み終わった後沸々と湧き出て…気付けばその本の著者様にメールを送っておりました(笑)

というわけで今回の記事のテーマはこちら!!

女性向けAV俳優一徹さん著書『セックスのほんとう』
最近出版されて話題になってまして、これは読まねばとすぐさま購入。読み終えて、何とも言えない爽快感と優しさと感動が胸に溢れました。
探していたものを見つけたような、モヤで見えなかった視界が晴れたような、もしくは「それでいいんだよ」「間違ってなかったんだよ」と背中を押してもらえたような…そんな気持ちでいっぱいになりました。

私はこれまで性とSEXをテーマに様々な角度から記事にしてきましたが、それはあくまで主に女性フォロワーさんの生の声を聞きながら私なりに勉強をして『正解のない愛の形』をずっと探し続けてきた感じだったのです。もちろんそれはこれからも変わらないと思うけど、どこかでその価値観や気持ちが偏ってるのではと思うことも多々ありました。

なんというか…いつも皆さんに寄り添いながら気持ちを代弁しつつも、自分自身はたいした経験を持ち合わせてないという現実が私を苦しめてもいました。今だに無知なこともとても多いですし。。だから、どこかで現場をよく知る第三者のこれだ!と思える道標が欲しいという想いがありました。

この本を読んだ時、それに出会えた気がしたのです。正直すごく気持ちが楽になりました。私がこれまでやってきたことは間違った方向ではなかったのだと再確認できたのと、新たな世界を知る事ができた喜びが大きかったです。
前置きが長くなりましたが、今回は一徹さんご本人の許可をしっかり得ることができましたので(メールで本への想いを熱く語らせて頂き、レビューさせてほしい旨をお伝えしたところ、快く了承頂きました)、たっぷりこの本の魅力をレビューさせて頂き、更に記事後半では本中でテーマになっていた性とSEX問題について、私がフォロワーさんに採ったアンケート結果を公開していきたいと思います。今回のアンケートはかなり考えさせられるテーマが多いので、是非最後まで読んで頂けたらと思います☆


◆「セックスのほんとう」魅力その1

『セックスに悩んでる人全てに、優しく手を差し伸べる』
この本を手に取って、まず引き込まれたのが実はカバーの袖に書いてある文面でした↓

こんな人に読んでほしい本です!
□パートナーとのセックスをもっと楽しみたい
□最近パートナーとセックスレス状態
□AVの激しいセックスに違和感がある
□セックスに興味はあるがどうしたらいいのか分からない
□生身の相手は面倒なので二次元でいいと思ってる

え、これ殆ど、私の元によく来る相談や悩みとリンクしてるぞ?!なんと!!って感じで、まずドキッとしました。(あ、でも最後の二次元云々はさすがに来たことないけど(笑))

個人的な相談はお受けしてませんが、そういった方の悩みが少しでも解消できるようにと思って、今まで性とSEXについて様々なテーマでアンケートを実地してきましたが、まさにそことリンクするのでは、という期待を胸にページをめくりました。はいもう、期待以上でした(笑)
流れるように、リアルタイムに悩んでる方の悩みをしっかり解消してくれる構成になっていたという印象です。

◆「セックスのほんとう」魅力その2

『普段なかなか知ることのできないAV業界を隅々まで知ることができる』
初っ端から「僕たちはAVでセックスを学んできた」と始まります。男性はAVをお手本にし、女性はそんな男性にセックスを教えてもらうことが多い、と。

そんな核心を最初からドドーンと突きつけられるわけです。ドキッとしますよね。だってそこ、すごい根本ですから。まさにそう。ほんとそう。過去に前戯が痛くて我慢してる女性の悩みを沢山聞いてきましたし、イケなくて辛い、逆にイカせられなくて辛いという男女の悩みも沢山聞いてきましたが、それらはみんな、AVがお手本だったからこそなんです。
悩みって本来、「こうあるべき」という着地点が用意されているから悩むんですよね。それがAVだったという。スコーンって何かが吹き抜けたような爽快感でした(笑)

そして一徹さんは次にこう言い放つわけです。
「AVはファンタジー」
そう、そこがこの本の始まりなんです。一体何がどうファンタジーなのか。

著書によると、一徹さんは15年間この業界で俳優として活躍されており、3000本を超える作品に出演してきて3000人もの女優さんとお仕事をされてきています。そんなAVの世界を知り尽くした方が語る、その世界の真相は驚きの連続でした。

男性向けAVと女性向けAVの大きな違い。潮吹きが生まれた理由、その真実と現実。フェラチオの演出、女優さんの努力。コンドーム装着の裏側。喘ぎ声について。女性がイクということ。リアルにやったら女性に嫌われる顰蹙行為。等々。

AVの裏側がこれでもかというほど書かれていて、本当に目から鱗でした。なんとなくそうなんじゃないかなって思っていた予想を遥か上回る現実がそこにはありました。
それはもう「知らないで生きていくより知った方が絶対いいこと」だと思いました。生きていく上で避けて通れないセックス行為が存在する限り。男女共に知っておくのがベストな現実です。しかも普通に生きていたら知れない現実です。

◆「セックスのほんとう」魅力その3

『男性必見。女性が喜ぶセックスの仕方を丁寧過ぎるほど親切に教えてくれてる』
私のフォロワーさんは8割が女性なので、ここはひとつ、こんな提案をさせて頂きたい。
これを読んだ女性は是非パートナーにこの本を読ませた方が良いです(笑)
この本の第二章のタイトルが「女性が喜ぶセックス。僕が意識してること」なのですが、もうね、この章は胸が熱くなりますよ。

まずこの章を読んでて、一般的に男性は女性が喜ぶセックスってどんなものだと思ってるんだろうって、改めて感じました。多分これまでのアンケートから考えるに、やはり目標が「女性をイカせること」、「自分がイクこと」なんじゃないかなって思ってしまいます。でも、これを読めばそんな価値観も大きく変わると思うし、ある意味すごく気持ちが楽になるんじゃないかなって。
まあ…人によってはこの本の内容は逆にハードル高いかもしれないけど(笑)、女性が本当に求めていることがここにはあるんじゃないかと感じました。

女性は心と身体が密に繋がってます。これは前にも何度か私自身、記事で書いてますが、この本の中でもまさにそうなんだなって思えることが沢山書いてありました。

女性はきっと大部分の方は「相手が好きだからセックスしたい」んです。イキたいからじゃない。性欲を解消したいからじゃない。きっと、好きな人と一つになれる幸せ、全てを預けて「信頼」や「生」を実感することで得られる喜び、そういった精神的な面が女性と快楽を結び付けていく気がするんです。
そういった根本的な、すごく大事なことがこの本の中では畳み掛けるように書かれてます。

また、この本の全体の流れとして、一見女性に寄り添ってるようですが、実はすごく男性の気持ちにも寄り添ってます。女性が女性の味方だけをするような内容のものを読むと、女性である私でもすごく違和感を覚えます。だからこそ私はこういったアンケート記事を書く時、いつも男性側の気持ちも大事にしたいと考えてます。
この本は、そんな男女それぞれの気持ちに寄り添った書かれ方をしていて、そこに胸が温かくなるような「優しさ」を感じました。なんといっても著者は男性ですから!なによりも男性の気持ちが分かるからこそなんでしょうね。

◆「セックスのほんとう」魅力その4

『現代社会という大きな視点からセックスを読み解いていく面白さ』
とにかく多い「セックスレス」の悩み。そして、増えてる未経験者と未婚。
第3章では、なぜそうなってしまったのか、ということを現代社会の様々な問題から分析していて、とても興味深い内容でした。

どうしても「今」と「自分」しか見えないセックス問題。それをもっと広い視野で見つめ直してみた時、きっと世界が大きく広がると思います。「個」ではなく「全」で物事を見るということは何においてもとても重要なことで、その辺りもしっかりおさえてくれてるのがなんだか嬉しかったです。


以上、「セックスのほんとう」のレビューでした!!
本当に、この本はセックスの本質を分かりやすい言葉と文章で教えてくれてます。とにかく読みやすい!難しい言葉を連ねて書かれた論文のようなものと全く違い、一徹さんご本人の言葉を文にしているのでお兄さん的目線で優しく教えてもらっている、というような感覚です。
本を読む、文章を読むことに慣れていない方でも目を通しやすいですし、なによりテーマが面白いのでどんどんページをめくってしまいます。是非機会があればカップルで読んでほしい本です♪


さてさて、お次は特別アンケート企画📣✨
この「セックスのほんとう」の中では、セックスの様々な問題がテーマになってましたが、その中から私が特に気になった部分を今回、アンケートにしてみました!最初に一気にアンケート結果を公開し、そのあと補足DM等を紹介しながらお話していきますね。

①女性にお聞きします。女性向けAVを観た事はありますか?
 ある 24792名(65%) ない 13355名(35%)

②男性にお聞きします。女性向けAVを観た事はありますか?
 ある 3376名(39%) ない 5251名(61%)

③セックス経験のある男女にお聞きします。性病検査はしたことありますか?
 ある 6575名(18%) ない 29103名(82%)

④セックス経験のある男女にお聞きします。セックス中のキスは好きですか?
 好き 38077名(96%) 特に好きではない 1617名(4%)

⑤セックス経験のある男女にお聞きします。パートナーと2人のセックスについて真面目に話し合った事がありますか?
 ある 17730名(51%) ない 17283名(49%)

⑥セックス未経験者・経験者の男女全員にお聞きします。コンドームの正しい付け方は知ってますか?
 知ってる 16649名(47%) 知らない 18947名(53%)

⑦セックス経験のある女性にお聞きします。好きな人とのセックスにおけるフェラチオに抵抗はありますか?
 抵抗ある 11288名(30%) 抵抗ない 26047名(70%)

💋①②女性向けAVについて。

女性向けAV市場はここ10年で大きく伸びました。有名なところで言うと女性が作る女性のためのAVメーカー「シルクラボ」。ここで一徹さんも長く出演してきたわけです。私が昨年挿絵を描かせて頂いたananSEX特集でも毎年女性向けAVが付録に付く等、一般的に認知もされてきてます。
アンケート結果を見ると、女性は65%もの方が女性向けAVを観た事があると答えてますが、男性は61%が観た事がないと答えてます。女性向けなので当然といえば当然の結果ですが、とある男性からはこのようなDMを頂きました↓

❖男ですが、男性向けよりも女性向けの方が好きです。見ていて彼女との行為の良いイメージが湧いてきます!する前日なんかは見てイメトレしてます。

この方はきっと、それの方が女性が喜ぶと分かっていて敢えてそうしているのですね。男性が男性向けAVを観るのは、自分自身の快楽の為というのが殆どでしょうが、女性向けAVを観るのはリアルセックスを楽しむ為、というより彼女を喜ばせる為、ということが良く分かります。
なので男性向けAVは、それはそれで楽しむのは良いと思いますが、もし余力があれば女性向けAVも観てみてほしいなと思います。きっと大きな発見があるはずですよ☆

💋③性病検査について

本の中では性病検査を強く推奨してました。AV業界では性病検査は厳しく義務づけられてますが、現実では検査をしている方がとても少ないということが、このアンケート結果でも明らかです。検査方法や性病のリスクについても本に詳しく載ってますので、是非読んでほしいのですが、とにかくお互い性病検査していない状態でセックス行為をするとかなりリスクがあるのだと分かります…怖いです…
コンドームの重要性も、決して避妊だけではなく性病感染を防ぐという意味も大きいのだと気付きます。

💋④セックス中のキスについて

なぜこのようなアンケートを採ったのかというと、一徹さんが本の中で前戯で何を大事にしているか、という部分で「キスをする」「手をつなぐ」「愛の言葉を伝える」というような事を書かれていたからです。

キスって、「本当に好きな人としたいもの」ベストワンだと過去の皆さんのお話を聞いていて思っていて、だからこそセックスの時のキスって特に大切なコミュニケーションなんじゃないかと感じてます。

実際アンケート結果では96%もの方がセックス中のキスは好きだと答えました。それは男女共にそうなのだろうなあと思いました。ちゃんと相手を愛してるからこその行為なのだと「キス」が証明してくれる。だからこそキスは大切。きっとそういうことなんですよね。

💋⑤パートナーとセックスについて話し合うかどうか
これに関してはとくに「セックスレス」問題から浮き出たテーマです。
以前セックスレスをテーマにアンケート記事を書きましたが、そこでセックスレスを解消したことがある方の具体的な解消方法を沢山お聞きして感じたのが、やはりパートナーとしっかりそれについて話し合う・向き合う、ということでした。

本の中でもそれは切実に書かれてました。こればかりは男が悪いとか女が悪いとかそういう単純な問題じゃないんですよね。2人の問題であり、2人で乗り越えなければいけない壁。だからこそ話し合うこと・向き合うことはとても大切な過程なんです。

ちなみにこれについても補足DMがいくつか届きましたのでご紹介しますね。

❖終わった後にレビューをしたり、最近刺激が無い!って思った時に話し合うようにしています。こうして欲しい、これが良かった、これはどう?とか話しています。

❖今の彼が初めての相手なのですが、いつも終わった後に「気持ちよかった?痛くなかったかな、もっとして欲しいことある?」と聞いてくれます。逆に、「こういうことされたら嬉しいな~」という事もちゃんと話して、私が知らない事は色々教えてくれます。なので彼にされることに不満もありませんし、自分が彼にしてあげる時も自信を持っていられるので、彼の気遣いにとても助けられてます。

❖緊張してしまってゴムをつけると萎えてしまう彼と、どうしたら完了できるか何度も話し合いました。つい先日、やっと成功しました!

もっと詳しくセックスレスについて知りたい方は過去の記事「性とSEXアンケート8」をご覧下さい。

💋⑥コンドームの正しい付け方について

正しい付け方、知らない方も多かったです。かくいう私も、実はちゃんと勉強してなかったことが分かり大反省でした😓💦女性はどうしても男性に全て任してしまいがちですからね。

コンドーム装着の大切さは本を読み終えた後に速攻襲ってきます(笑)しかもとても丁寧に付け方を教えてくれてますし、ちょくちょく私の方にもくる悩みの一つに「コンドーム装着時にどんな風に待ってたらいいのか分からない」といった感じの内容のものがあるのですが、そんなあるあるの解消方法もサラッと教えてくれてます♪

これを機に、コンドームの正しい付け方を男女共にしっかりマスターしてほしいなと感じました。もし男性が間違った付け方をしてたら女性がそれを優しく指摘しながら教えてあげられるくらいでありたいですね。

💋⑦女性がフェラチオに抵抗があるかどうかについて

フェラチオに関しても、実はよく相談DMが届きます。どうしたら上手くなるのか分からないといった内容のものから、どうしても苦手でできないといった内容のものまで。
一徹さんは本の中で、「無理強いするものではない」と仰ってました。それは私も同感です。もちろん女性のフェラだけなく男性のクンニもそうですが、するのが好きな人もいれば苦手な人もいる。だからそれらの行為(いわゆるオーラルセックス)は、2人の中で無理なく歩み寄っていけたらいいんじゃないかと思います。周りと比べる事ではありませんし、もちろんAVのようにやることが正解でもありません。
アンケート結果では抵抗ないと答えた方は70%もいましたが、それでも1万人以上の方が「抵抗ある」と答えてます。それでも好きだからしてる、と言う方もいれば、本当に辛くてできない、と言う方もいました。
以下、フェラチオに関する補足DMを一部紹介します。

❖自分が本当に大好きな相手ならキスもフェラも好きだしむしろしたいけど、気持ちがなかったり自分が好きだと思い込もうとした相手とはやはりしたくないしむしろ苦でした。

❖フェラは平気ですが、触るのが嫌です。この話をすると、えっ!!!って男性でも女性でも驚かれるのですが、本当に触るのが嫌です。

❖女の子の日とか 口でしてあげたいんですが、最近身体が受け付けなくて、その日の気分によってはしようかなって感じです。

❖今現在の気持ちで「抵抗ない」を押しました。しかし、昔は物凄く嫌で、してても抵抗があったりしたくないと相手に伝えてましたが、するとこんな風に気持ちいいと今の彼氏に教わったことで、抵抗が少しずつ軽減していって今ではほぼ抵抗ありません。本当に好きな人だからこそ出来ることでもあるし、相手がやって欲しいなーと言ってはくるのですが今日無理そうだったら全然いいからね!と強制してこないので。

❖最初の頃はなんでこんな事しなきゃいけないの..?と、すごく躊躇いがありました。ですが今は自分から行きたくなる位、抵抗が無くなりました!最中の彼の喜ぶ声や仕草、顔が見れる事に自分自身も幸せで満たされます!

❖私はどうしてもフェラが出来なくて、悩んでます。付き合ってた人には、ごめん出来ないと言うと凄く嫌な顔されるし、友人にも相談しても好きな人だったら出来るよとか気持ちが足りないんじゃないかみたいな言い方されたり。相手が可哀想と言われたり。生理的にどうしても無理なんです。

❖抵抗というか、嫌いなのではなくて、自分の口がとーーっても小さいから奥までしてあげられないのと、歯が当たっちゃうのが大きな悩みです。。してあげたい気持ちはあるのに気持ちよくさせてあげられなくて辛いです。

❖したいと思うんですけど、私は扁桃炎になりやすいタイプなので喉に菌が付いて扁桃炎が起きたら怖いので、できないです。

以上です。
みんなと一緒じゃなくていいんです。周りになんと言われようと自分が感じることが全てです。ご自身とパートナーとの問題だと思って、あまり深く考え過ぎず、一番良い道を2人で探してほしいなと思います。


さて長くなりまたが、そろそろ締めます😂
今回は初めて本のレビューをさせて頂いたわけですが…最後にお伝えするとすれば、この本に出会えて良かった、とその一言に尽きます(え?長々と語ったくせに?笑)

自分の中で気付かないうちに凝り固まってたものが、ほぼ噛み砕けた気がしてます。皆さんも機会があれば是非読んでみてね♪(特に男子!笑)
ではまた次回、新たな気持ちで記事を更新していきたいと思います!お楽しみに~!!

ミライカラーズ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。